ウォールストリート

ウォールストリートってどんな場所?




ウォールストリートは別名ウォール街と呼ばれる世界金融の中心地です。

場所はアメリカ合衆国のニューヨーク市マンハッタンで、
かつては多くの大手銀行が本社を構えていましたが、
次々に他地区に移転し、ニューヨーク証券取引所が残るのみとなりました。

そのため、現在では
ウォールストリートはニューヨーク証券取引所を指す言葉に変わっています。

時価総額世界一のこの市場は日本の株式市場に与える影響も大きく、
ニューヨーク市場の取引を見極めてから
翌日の投資行動を決める投資家がいるほどです。

1929年に起こった、暗黒の木曜日といわれる
ニューヨーク株式市場の大暴落は世界大恐慌に繋がり、
世界史にも名を残す大きな出来事になりました。

ニューヨーク株式市場の代名詞ともいえる株価指数のダウ30種平均は、
金融専門誌「ウォールストリート・ジャーナル」を発行している、
ダウ・ジョーンズ社の社名から付けられたものです。

1987年にはマイケル・ダグラス主演で『ウォール街』という映画も公開され、
大ヒットしました。

今でも経済ニュースではニューヨーク証券取引所の風景が頻繁に映し出され、
良くも悪くもニューヨーク市場なしに世界経済は語れない状況が続いています。

最新記事一覧